豆知識

 
:健康な食用油
(オリーブオイル)主な国・・イタリア、スペインなど
 オリーブオイルは他のオイルに比べ、一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)を多くふくんでおり、未加工の完全な自然食品なので、天然の抗酸化物質、ビタミンEも含まれている。

・オレイン酸・・・悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールは維持するといわれる優れもの

(グレープシードオイル)主な国・・フランス
 最近、出回るようになった新しいオイル。
 グレープシードオイルは酸化しないオレイン酸も多く(30%~60%)ふくんでいるが、それにもましてビタミンEの含有量が30%とオリーブオイルの倍以上である。
 オリーブオイルに比べるとあっさりしてくせがないので和洋区別なく幅広く使える。


・オレイン酸だけを比べたら、日本にもスーパーオイルがある。それは椿油。
オレイン酸80~90%含有するので、ダイエットする人にとっては椿油は注目すべきオイルだね。
こんど椿油のレシピを考えてみよう。

(ゴマ油)主な国・・中国 日本など
 風味が強くこしがある。特に中華料理に用いられる。
 酸化しにくいしこしがあるのでてんぷらなどの揚げ料理にあう。
 多価不飽和脂肪酸(リノール酸)を含んでいるのでコレステロール
 の低下を促すが、善玉コレステロールも低下させるので過剰摂取はしないほうが良い。

 これらを使い分けて生活習慣病を防ぎ、健康な食生活を送ろうね!

写真はオリーブオイルにハーブ(ローズマリー)の枝と鷹のつめを漬けて香りと辛味を加えたもので、魚料理、チキン料理、サラダのドレッシングに最適!



e0051781_1241594.jpg

[PR]
by takerum4 | 2005-09-06 00:51 | 豆知識


<< 焼きナスのソース漬け マグロカルパッチョ2 >>