オイルサーデンオープンサンド

自分で焼いたパンで作ったサンドイッチはまた格別。

材料(2個分)

天然酵母ロールパン     2個
レタス              2枚
オイルサーデン        4尾
プチトマト            2個
タマネギ            4分の1個
塩 コショウ          適宜
マヨネーズ          小さじ2
バター             小さじ1

作り方

ロールパンを2つに割ってトーストし、バターを塗り、タマネギスライス、レタス、オイルサーデン、トマトの順番にのせ塩、コショウ、マヨネーズをし、そしてただ食べるだけ。


*天然酵母で焼いたパンはしっかりしていて食べ応えがあるのでお腹空いてるときはいいよ。
マヨネーズのほかにフレンチドレッシングやサウザンアイランドでもいい。お好みでどうぞ。オイルサーデンの代わりにアンチョビでもいいけどその場合は塩分が強いので塩は無しで。
e0051781_0104382.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-07-24 00:02 | レシピ

かじきまぐろのソテー

脂ののったカジキまぐろはほんとうにおいしい!下ごしらえさえ出来れば後は簡単。

材料(2人分)

生カジキ      切り身2枚
にんにく      1片
ローズマリー   1枝(大さじ1ぐらい)
オレガノ      少々
塩 コショウ    適宜
オリーブオイル  大さじ2
小麦粉       大さじ3
白ワイン      大さじ2
しょう油       小さじ1
レモン櫛型     1片(8分の1)

作り方

カジキはキッチンペーパーで水気を取り、塩、コショウ、オレガノを振りさらに小麦粉を両面につけておく。にんにくはスライスにしておく。フライパンを火にかけオリーブオイルを入れ、まずにんにくを入れて香りを出し半分のローズマリーを入れ、さらに香りを出す。そこにカジキをいれソテーをして行く。カジキの上に残り半分のローズマリーを散らし、軽く焦げ目がついたらひっくり
返して両面こんがりとしたら、白ワインを入れてフランベしてアルコールを飛ばし、しょう油をたらし馴染ませたらOK、出来上がり。
皿に付け合せの野菜と一緒に盛り付けて召し上がれ。今回はえのきのソテーとブロッコリー。

*ポイントは小麦粉をいっぱいつけないこと。余分な粉は落とすこと。小麦粉は焼くと薄く膜になりおいしさを閉じ込める。
にんにく弱火で焦げないように香りを充分に出すのがこつ。
かじきに中まで火を通すためにはフライパンに蓋をするとよい。
e0051781_137168.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-07-23 12:51 | レシピ

天然酵母

本格的にパンを作りたいと思い立ったが吉日!いきなりパン教室に通いました。
念願の天然酵母のパンに挑戦。天然酵母で有名な「ホシノ天然酵母」で作ったパンはしっかりしてもちっとしてさらに噛めば噛むほど甘さが出てくるとっても美味しいパンです。一回目にしてはなかなかの出来だと思うんだけど、どう?
パンは生き物だよね。大昔これを作ったエジプトの母さんたちはすごい人たちだね。感謝します。ありがとう。ところでパンの歌、知ってる人います?
e0051781_1272931.jpg
e0051781_128150.jpg
[PR]
# by takerum4 | 2006-04-14 01:28 | 豆知識

中国蒸しパン

私、小さい頃からまんじゅうの皮、肉まんの皮、蒸しパンのほんのり甘いそして歯ごたえが大好きです。皮だけいっぱい食べたいという思いが叶った。中国には食事用の蒸しパンがあった。
実際は、いろんな料理をはさんで食べたりするんだけど、私はまずそのままがぶりと行きたい。しかも簡単に出来る。

材料(4人分)

薄力粉         400g
砂糖           50g
ベーキングパウダー 小さじ5
ごま油          大さじ4
ぬるま湯        1カップ

作り方
ボウルに振いにかけた薄力粉と砂糖を入れて、ぬるま湯を少しずつ加えて粉っぽさが残るぐらいに手で混ぜる。そこにベーキングパウダーを振いいれて混ぜ合わせ生地をひとまとめにする。耳たぶくらいの柔らかさになるまで充分にこねる。
ボウルから出し打ち粉を散らした台におき麺棒でのばして巻きを2回繰り返し、4等分に切り分けそれぞれまた麺棒で厚さ1センチ弱にのばしゴマ油を全体に塗り幅の広い方から巻いて棒状にして半分に切る。切ったそれぞれ三等分にして中心を割り箸で押さえたり、切り株状にしたりして形作る。クッキングペーパーを敷き蒸し器で15分間蒸したら出来上がり。
真っ白、うまそー!


:挽肉炒め、にら玉子などと一緒に食べたら美味しいんじゃない!でもそのままがやっぱり一番なんちゃって。わっ、食べすぎ、やばい!
e0051781_22463221.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-04-03 22:49 | レシピ

胚芽米

最近、うちは胚芽米を食べている。玄米も食べた時期はあるけれどやっぱり白米が恋しくなる。しかし胚芽米にしたら白米の美味しさも十分にあるし、なかなかいい。
胚芽米を食べてなんだか体の調子もいい感じ。とくに栄養素がぜんぜん違う。白米に比べるとビタミン、食物繊維、カルシウム、アミノ酸など平均3倍以上含まれておりビタミンEに関しては白米にはほとんどなく胚芽米にはかなり多く含まれている。そこにクコの実、松の実などを入れて炊いて食べる。



(白米の成分を100とした場合胚芽米は平均3倍の量が含まれている)
ビタミンE(白米にはほとんどない)
カルシウム
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ナイアシン
食物繊維

胚芽米に一汁一菜の朝ごはんは最高にいい。一日元気に過ごせること請け合い。
e0051781_11171488.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-04-03 11:17 | 豆知識

すぐカレー

無性にカレーが食べたくなるときってない?そんな時今すぐにも食べたいけれどコトコト煮込んでる時間なんて我慢が出来ないくらいすぐに食べたい!そんなときはこれ。フライパンで簡単に作れちゃう。

材料(4人分)

豚挽肉        300g
タマネギ       大きめ1個
にんにく       1片
黒砂糖        大さじ1
はちみつ       大さじ1
コンソメ       1片
赤ワイン       1カップ
インゲン       4本
カレールー     100g
オリーブオイル   大さじ2
水           2カップ
塩、コショウ     適宜
シナモンパウダー 少々

作り方
タマネギ、にんにくをみじん切りにし、インゲンはすじを取り1cmぐらいに切っておく。フライパンを弱火で熱し、オリーブオイルを入れにんにくを炒め香りを出し、そこへタマネギのみじん切りを加え中火にして焦げないようにかき混ぜながら炒める。タマネギが透き通ってきたらそこに挽肉を加え塩、コショウをしてさらによく炒める。肉の色が変わったら赤ワイン、黒砂糖、はちみつ、コンソメ、インゲンを入れてひと煮たちしたら水を加え煮る。灰汁が出たら取り、ぐつぐつとしてきたらルーを入れてとろみが出たらシナモンパウダーを入れてかき混ぜ、全体に馴染んだら出来上がり。15~20分で出来ちゃう。ご飯が炊き上がる前に出来てしまうから炊飯器のスイッチは前もって入れておくとタイミングよく食べられる。

*水の変わりに野菜ジュースを使ってもいいよ。具は好きなものを入れて楽しんでね。


e0051781_101617.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-04-03 00:53 | レシピ

春キャベツと桜えびのパスタ

寒くなったり暖かくなったりとしながらもう桜が咲き始めた。野菜もたくさん出回り始める。なかでの春キャベツは芯も柔らかく美味しい。そんな美味しい素材を使ってパスタなどいかが?

材料(2人前)
パスタ        180g
春キャベツ     葉(大きめ) 4枚
桜えび        一つかみ(5g~8g)
人参         1/4本
タマネギ       半個
にんにく       一片
トウガラシ      1本
塩、コショウ     適宜  
しょう油       小さじ1
パセリ        少々
オリーブオイル  大さじ3


まずタップリのお湯(出来れば大きな鍋に4リットルの水で)を沸かす。沸いたら塩大さじ3を入れてスパゲティーを茹でる。
その間ににんにくみじん切り、トウガラシの種を取り輪切りにして、タマネギ、キャベツ、人参を切り、フライパンに弱火でオリーブオイル大さじ2を入れてにんにく、トウガラシを炒め、香りが出たらタマネギを加えしんなりしたら人参、桜えび
キャベツを炒める。そこにスパゲティーの茹で汁を少し加えて全体を馴染ませる。茹で上がったスパゲティーを足して味をからませる。最後にしょう油を回しいれてもう一度全体を混ぜ、味見をして塩、コショウで味を調える。バージンオイルをたらし、皿に盛ってパセリを散し召し上がれ。
きざみ海苔をかけてもグー。


*旬を味わうということが季節を感じることに繋がる。季節を感じ美味しいものを食べる。これが日本人だよね。美味しいと思うことは5感で感じるからだよね。季節を感じ、人を感じ、食を感じて楽しく食事を。
e0051781_13531594.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-03-23 13:53 | レシピ

餃子の皮のプチピザ

餃子を作ってあまった皮を何とかできないかな?と思いたったのがクリスピーピザ(薄皮のピザ)。餃子の皮をピザの生地にして作ってみた。これまたグー!

材料(4個分)
餃子の皮           4枚
オリーブペースト    小さじ3
トマト缶(出来ればカットしたもの)大さじ3
タマネギ         4分の1個
とろけるチーズ     4つまみ
オリーブオイル     小さじ2
e0051781_1491080.jpg


作り方
餃子の皮にオリーブオイルを塗りオリーブペーストをのせて広げトマトをさらに上にのせチーズ、タマネギのスライスをのせる。
オーブン皿にクッキングペーパーを敷きその上にトッピングした餃子の皮をのせてオーブンに入れる。チーズがとけパリパリになったら出来上がり。


*トマト缶がなければ生のトマトでもピザソースでもいいし。
オリーブペーストがなければ黒オリーブでもいいし、乾燥バジルだけでもOK。
トッピングも自由にのせて楽しんでね。
[PR]
# by takerum4 | 2006-03-16 14:09 | レシピ

抹茶の生チョコ

苦味と甘さのほどよいチョコレート。抹茶でコーティングして見た目もきれいな生チョコです。抹茶とカカオのポリフェノールたっぷりの大人の美味しいチョコレート。

材料
 製菓用チョコレート(スイート)     200g
 無塩バター                 20g
 生クリーム                 70g
 はちみつ                  小さじ1
 キルシュorブランデー         小さじ1
 抹茶                     適宜

作り方
チョコレートを細かくきざんで、常温に戻した無塩バターと一緒にボウルに入れて湯せんしながらへらでかき混ぜていく。生クリームを小鍋で温め、はちみつを加え溶かす。沸騰したらチョコレートのボウルに加えながらなめらかになるまで全体をかきまわす。そこにキルシュかブランデーを入れ、またよくかき混ぜる。全体が混ざったらクッキングペーパーをのせたバットに流し入れて冷蔵庫で1時間冷す。固まったら冷蔵庫から出し1.5cm×4cmの拍子型に切り、他のバットに抹茶を入れてチョコをまぶす。


*最初の一口で抹茶の香りと苦味を感じその後なめらかで濃いチョコレートの味が口いっぱいに広がる。ちょっと大人の気分。
プレゼントにするときはバターと生クリームを少なくして溶けにくくしたほうが良い。

3月13日(月)撮影があり出演しました。TV東京系「世界に1つだけ・・・ハッピーウェディング」という番組でプチギフトの紹介でこのチョコレートとホワイトチョコレートトリフの2バージョンを作ってみました。可愛いパッケージに入れてきれいに出来ました。お相手は山川恵里佳ちゃんです。放送日が決まったら教えますね。


e0051781_3133682.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-03-13 03:13 | レシピ

小松菜ジュース

ローフード第2弾!小松菜パワー全部キッチリ頂きます。ハリウッドの俳優たちが実践している「生の素材」の持ってるパワーを全部貰って体の中から綺麗にしようと言うこと。特に火を使わない、つまり熱によって壊れやすい栄養素、その中でも素材が持ってる「酵素」を十分に摂って身体のバランスを調えていく。まずいと思っているでしょう?とりあえずチャレンジ!

材料(2人分)
小松菜       3~4株
りんご       半個
キウイフルーツ  1個
レモン果汁    小さじ1
はちみつ     大さじ1
水         300cc

作り方
りんごを皮付きものまま芯を取り適当な大きさに切り、小松菜、キウイフルーツも同様に切り、それらをミキサーにいれ水、はちみつ、レモン果汁を加えミキシングするだけ!朝はこれだけでもOK!忙しい人に是非お勧め。お試しあれ。材料の分量はあくまで目安なので自分の好みで変えてよ。例えば小松菜が多いと思ったら最初は1株から始めてみてください。


*小松菜はほうれん草よりも鉄分も豊富だしビタミンも多く含まれている。貧血の人には特にお勧め。鉄分はビタミンCと組み合わせることで吸収をよくする。だからりんごにキウイフルーツを一緒に摂れば効果バツグン!
小松菜はあの青汁で有名な「ケール」と同じあぶら菜科の植物。だからすごいんだぞ。毎日食べてね。
話は変わって以前ベランダのプランターで小松菜を育てた事があったのさ。どんどん育って大きくなったらあの菜の花の黄色い可愛い花が咲いたよ。っていうか「菜の花そのものじゃん」・・・そのくらい同じもの。たぶん小松菜は若葉なんだよ。きっとそうだ。これがタケル説。ほんじゃまた。
e0051781_1040407.jpg

[PR]
# by takerum4 | 2006-03-07 10:40 | レシピ